即利用くん5800X2 即利用くん5800X2
新機能 プログラム 搭載機能 4850Xとの比較
FAQ CASIO内蔵公式 MAIL YAMAYO Home へ
Copyright(C)2007 YAMAYO MEASURING TOOLS CO.LTD ALL right reserved
  お客様からお問い合わせの多い内容を掲載しています。掲載されていない内容に関するお問い合わせは、上記メニューの「MAIL」よりお問い合わせください。
Q1 取扱説明書では「FILE」ボタンを押した後「File Type」の選択があるように書かれていますが、選択画面が表示されません。
A1 「File Type」の選択画面は、RAMにオリジナルのプログラムを入力した後に表示されるようになります。未入力の場合には、表示されませんのでご注意ください。

Q2 電源を入れると初期画面が表示されず、前回の計算終了時に表示されていた画面が表示されてしまいます。
A2 本製品で使用されている電卓「CASIO fx-5800P」には、電源が切れることにより計算の経過が消去されてしまうことを防ぐレジューム機能が搭載されています。レジューム機能の影響により、電源を切る直前の画面が保存されることにより、この現象が発生します。これを防ぐには、計算を終了するときに「AC」ボタンや「EXIT」ボタンなどを押し、初期画面に戻した状態で電源を切るようにしてください。

Q3 メモリー保護用電池が入っていないようです。交換時に抜いてしまってもプログラムは消失しませんか?
A3 「即利用くん」のプログラムはフラッシュメモリーに保存されている為、電池を抜いても消去することはありません。またRAMに保存されているデータ、プログラムなどは電源を切る操作を行った後に、バックアップ用メモリーに保存されますので、電池を抜いてもRAMの内容が消去することはありません。RAMのバックアップは電源を切る操作を行った後に行われます。この為、電源を切らずに電池を抜いた場合、バックアップは行われませんのでご注意ください。

Q4 fx-5800Pは、2台電卓で通信が可能とのことですが、どのようなものを用意すればよいのですか?
A4 別売りのデータ転送ケーブル(SB-62)を使用することで転送が可能になります。RAMの内容のみ転送可能で、即利用くんのプログラムは転送できませんのでご注意ください。SB-62はお近くの電気量販店などでお求めください。

Q5 本体が故障しました。どうすればよいですか?
A5 本体が故障した場合は、本体をお買い上げになった販売店またはお近くのヤマヨ製品取扱店までお持込ください。カシオテクノ株式会社ではプログラムの入力ができません。